Tags:

VOODOO GLOW SKULLSというバンドをご存知だろうか。カテゴリー的にはスカバンドになる。ただ、スカときいてKEMURIやPOT SHOTのような爽快感のあるサウンドを想像したならば、見当違いである。

彼らの音楽はスカなのだが、ハードコアやヒスパニック系のラテンミュージックに近く、スカ特有の明るさや爽快感はない。しかし、それがかっこいい。むちゃくちゃかっこいい。もし、スカが好きならばこういう音楽もあるということを知って頂きたい。

単純にスカという言葉では片づけられないVOODOO GLOW SKULLSのサウンド。彼らの2ndアルバムである「Firme」を紹介しながら彼らのことを話していこうと思う。

 

Firme導入動画

Firmeの中から「Closet Monster」を紹介。これまじでスカバンドなの!?ってくらい超ハイスピードのイントロから始まるこの曲。スカバンドの既成概念がぶっ壊れること間違いなし。

 

VOODOO GLOW SKULLSについて

メンバー

  • フランク・カシラス (Vo.)
  • エディ・カシラス (Gt.)
  • ジョージ・カシラス (Ba.)
  • ジェリー・オニール (Dr.)
  • ブロディ・ジョンソン (Tb)
  • ブロディ・ジョンソン (Tp)
  • ジェームズ・ヘルナンデス (Sax)

多くのメンバーチェンジを経て現在は7人で活動している。

 

VOODOO GLOW SKULLS概要

1988年アメリカのロサンゼルス。当時高校生だった、フランク(Vo.)、エディ(Gt.)、ジョージ(Ba.)のカシラス3兄弟が近所に住むジェリー(Dr.)を誘ってVOODOO GLOW SKULLSを結成。ブードゥー教との関係性は不明。

結成当初はハードコアバンドであったが、結成3年後に「シンプルなロックに飽きた」という理由からホーン・セクションの3人を迎え7人組に。後に”スカ・コア”と呼ばれることになるホーン入りパンク・サウンドを作り上げていくことになる。スカコアの代表格と言われながらもその音楽はヒスパニック系のラテンミュージックが混ざっていたりと完全にジャンルレスな音楽となっている。

彼らの1stアルバム『Who Is, This Is?』は、インディ・レーベルながら4万枚のセールスを記録したが、CDのジャケットワークが何故かクリリンという謎仕様である。ここら辺にバンドのおふざけっぷりが出てしまっている。

大災難とか漢字で書かれてるし。クリリンの周りにはおぼっちゃまくんみたいなキャラが書かれてるし。すげえだせえ・・・。というかクリリンの頭光らせすぎじゃないですかね(笑)

ただ、音は超スピーディーかつハードなスカコアになっていてむちゃくちゃかっこいい。ビードルズのカバーなども入っていてバラエティにとんだ1枚になっている。てかこれ見て洋楽だって分かる人いるのだろうか・・・。

2015年には、GOOD4NOTHINGとTHE CHINA WIFE MOTORSの共催イベント”SAKAI MEETING 2015″に出演するなど日本にもちょこちょこ来日するなど精力的に活動中。

 

Firmeについて

1st(クリリン)の次に発売された彼らの2ndアルバムが「Firme」である。音楽のベースはスカというよりは、ラテンミュージックである。そこにメタル、ハードコアなどのいろんな要素をぶちこんだことで生まれるハチャメチャ感がたまらない。3rd以降はハードコア要素が強くなっていくが本作はちょうどいい混ざりぐらいになっている。

VOODOO GLOW SKULLSは全編通してテクニックが半端ないのだが、オープニングナンバーである「Shoot the Moon」のホーン隊は本当にどうなってんのというくらい意味不明な音になっている。他にも、14曲目の「Malas Palabras」ではどこかコミカルなインストを披露したりとバンドのバックボーンの大きさを感じさせる。

▼収録曲一覧

1. Shoot the Moon
2. Closet Monster
3. Charlie Brown
4. Drunk Tank
5. Jocks From Hell
6. Trouble Walking
7. Give Me Someone I Can Trust
8. Empty Bottles
9. Fat Randy
10. Thrift Shop Junkie
11. El Coo Cooi
12. Method To This Madness
13. Construction
14. Malas Palabras
15. Nicotine Fit
16. Land Of Misfit Toys

▼1曲目 – Shoot the Moon

▼8曲目 – Empty Bottlles

▼14曲目 – Malas Palabras

 

物販(バンドTシャツ)について

いかにも90’sというようなダサい感じがたまらなく好き。Rudyで通販している。

via: Rudy

via: Rudy

 

VOODOO GLOW SKULLSオフィシャルサイト

公式HPはこちら! ライブ情報をチェック。

公式Twitterはこちら! 最新情報をチェック。

 

まとめ

今回はスカという型にはまらない異質のスカバンド、VOODOO GLOW SKULLSを紹介しました。スカに爽快感を求める人には苦手かもしれないですが、新しい発見として受け取って貰えたら嬉しいです。

 

おまけ。

VOODOO GLOW SKULLSのライブ映像です。

記事一覧のリンク

あわせて読みたい関連記事

Be the first to comment

コメントやおススメの音楽を書いてくれたら嬉しいです。