正直に言うと、僕はヒップホップミュージックがあまり詳しくありません。

スペースシャワーTVをよく見ていたので、YOU THE ROCK★さんやスチャダラパーなどは好きで聴いていましたが、そこから掘り下げてなかったのです。

なので、僕の中でヒップホップのイメージは

  • 悪そうな奴は大体友達
  • MCバトルで相手をディスる
  • ゴツゴツとした金色のアクセサリー

というようなものでした。別に馬鹿にしている訳でもないし、それが悪いというわけでもありません。

「悪そうな奴は大体友達」というフレーズはヒップホップ文化の特徴であるストリート色の強さから来てますし、MCバトルだって自分のスキルを磨いて相手と高めあうというような背景があるんじゃないかと思います。

アクセサリーとか格好については、パンクスだって鋲ジャンでモヒカンですからもはや何も言えません。

ラップロックは凄い好きですが、純粋なヒップホップミュージックにはあまりはまらなかったのです。

でも、ZORNさんの「My life」という曲を聴いてヒップホップミュージックに対する認識が完全に別物になりました。ヒップホップミュージックってむちゃくちゃカッコイイじゃんって。

今回はそんなきっかけをくれた「My life」が収録されているZORNさんのアルバム「The Downtown」を紹介していこうと思います。

 

Sponsor link
Sponsor link

 

The Downtown 導入動画

冒頭でも話をした「My life」を紹介します。僕はこの曲のあるフレーズを聴いてヒップホップミュージックへの認識がガラッと変わりました。

とりあえず、まず聴いてみてください。

失礼ながら、僕のヒップホップミュージックへのイメージは冒頭で書いた通りで・・・。

大きな金のネックレスを付けたMCがストリート色の強いラップをするのがヒップホップのカッコよさなんだなと思ってたんです。

でもZORNさんは金のネックレスもつけていないし、格好もまるでハードコアバンド「Suicidal Tendencies」のような雰囲気。

曲の内容も、何かをディスったり妙に悪ぶったりするのでなく「人気・実力共に日本トップクラスであるZORNというヒップホップMC」というアイデンティティを持って生きる一人の人間の生活についてなんです。

音楽活動と日々の生活を別次元として分けるのではなく、妻と子供という存在に支えられながら一家の大黒柱として建築現場で働き、ヒップホップMCとしても活動するという一人の男の自然体な人生をラップしています。

曲中に登場する「洗濯物干すのもヒップホップ」というフレーズ。

ZORNさんの生きる上での精神姿勢というか生き方のようなものを感じませんか?僕はパンクやハードコアに通ずるようなこのフレーズを聴いてヒップホップってやばいかもって思い始めました。

いあ、本当に。こんなカッコイイ人なかなかいないですよ。

 

ZORNさんについて

ZORNさんは日本のヒップホップMCであり、般若さん主宰の昭和レコードに「第三のラッパー」として加入しました。

昭和レコード加入前は「ZONE THE DARKNESS」名義で活動し、3枚のアルバムをリリースしています。

関東最高峰の非公式MCバトルイベント「THE罵倒」で3連覇するなどフリースタイルの実力も折り紙付きですが、ZORNさんの表現するラップは2000年代に流行ったストリートラップ(これば僕のイメージしていたヒップホップです)とは一線を画しています。

ストリート色が強い鋭利な曲もありますが、最近のZORNさんが主に表現するのは「何気ない日々の幸せ」だったりします。

だって2017年12月に開催されたワンマンライブのフライヤーがこれですからね。こどもは、ふうせんわたあめがもらえるよ!って。

 

ヒップホップMCのワンマンライブでこんなのカッコよすぎじゃないですか。ヒップホップMCである前に父であり一人の人間なんです。

何気ない風景、普通に生きて見えること考えることの中に意味を見い出していくというスタンスで音楽を創られているため、生活の拠点である葛飾区を題材にした曲も多く存在します。

「柴又日記」というアルバムに収録されている「柴又の夕焼け」という曲もその一つです。

曲中の「美しいのは変わらないもの」という歌詞からは、こち亀とか三丁目の夕日みたいに「いっつも同じだな、でもそれがいいよね、この人」みたいな存在でありたいとインタビューで話していたZORNさんの思いを感じます。

 

▼柴又の夕焼け

ストリートラップが好きな方からしたらZORNさんの日常の生活をテーマにした世界観に疑問符を持つのかもしれません。こんなのヒップホップじゃねえって人もいるかもしれません。

僕はヒップホップのテクニックやスタイルについての知識はないですし、たくさんのヒップホップMCも知りません。でも、一人の人間としてZORNさんの音楽が大好きです。

 

The Downtown について

The Downtownは2015年にリリースされた、昭和レコード移籍2作目となるアルバムです。

本作に収録されている「My life」や「葛飾ラップソディー feat. WEEDY」などの日常を切り取った曲達は、以後ZONEさんが創り上げていく作品達の源流とも言えるような曲となっています。

 

2曲目「Reverse」

アルバム2曲目に収録されている本曲。1曲目からの繋がりがむちゃくちゃカッコイイ。

 

11曲目「 葛飾ラップソディー feat. WEEDY」

こちらも柴又の夕焼けと同じく葛飾を舞台にした曲です。My lifeと並んで、3rdアルバム「生活日和」以降の土台となるような曲になっています。

▼収録曲一覧

1. Enter the downtown
2. Reverse
3. 東京Watch
4. Fall asleep
5. Weekend
6. Get money
7. Backbone feat. 般若, NORIKIYO
8. Think about
9. 灯火
10. My life
11. 葛飾ラップソディー feat. WEEDY

 

ZORNさん公式サイト

ZORNさんの公式サイトはこちら

ZORNさんの公式Twitterはこちら

 

まとめ

ヒップホップMCとして、父として、一人の男として、自然体に日々の生活や幸せを切り取ってラップするZORNさん。

悪そうな奴は大体友達という世界観じゃないし、金のネックレスもしていないけど。僕はこの人の創り出すヒップホップミュージックも、その精神姿勢にもカッコよさを感じるのです。

 

おまけ

「The Downtown」よりもさらに実生活に踏み込んで作成された昭和レコード移籍後3枚目のアルバム「生活日和」の中から「Letter」を紹介します。

曲のタイトル通り、この曲は、ZORNさんが自身の娘さん達に宛てた手紙になります。

赤の他人という関係から初めてパパと呼ばれた喜び、父としての責任、娘さん達に対する深い愛情が詰まった温かい1曲です。

タグ一覧:

あわせて読みたい関連記事

この記事をシェアする

Sponsor link
Sponsor link

Be the first to comment

コメント待ってます。