Tags:, ,


突然ですが、ぼくが社会人生活をスタートさせた町は浅草でした。理由は2つ。

1つは、大好きな映画「男はつらいよ」が映画館で毎日上映されていたこと。2つめは「浅草ジンタ」という大好きなバンドが浅草を拠点にして活動していたことです。浅草ジンタが浅草にある音のヨーロー堂というCD屋の前で定期的にライブを行っていたこともあり、どうせ行くなら近いほうがいいという安易な考えで浅草に住み始めました。

浅草周辺はとても住みやすく、春の夜の浅草寺は桜をバックにライトアップされた五重塔がとても綺麗でした。

ちょっと脱線しますが、せっかくなので音のヨーロー堂さんの紹介をしようと思います。音のヨーロー堂さんは大正元年から浅草で店を構える老舗CD屋です。一見すると、昭和歌謡や演歌をメインで販売しているような雰囲気ですが、中に入るとびっくり!!

昭和歌謡や演歌だけでなく、有名になる前の様々なジャンルのバンドのCDが置いてあります。しかも、かなりマニアックでかっこいいバンドばかり。実はYelllow Studsも音のヨーロー堂さんでセカンドアルバムを視聴したのが出会いのきっかけでした。

皆さんが浅草に行く機会がありましたら是非立ち寄ってみてください。いい音楽に出会えるかもしれません。

音のヨーロー堂さんの外観
音のヨーロー堂さんの壁に貼られる浅草ジンタ

さてさて、話を戻します。浅草ジンタはロックンロールに日本の伝統音楽を混ぜた自分たちの音楽を「エジャニカ」と称しています。その音楽は世界中で称賛され、海外をまたにかけ活躍しています。

今回は浅草に根をはり世界で活躍する彼らのカバーアルバム「NIP POP」を紹介していこうと思います。

 

NIP POP 導入動画

NIP POPから「星影のワルツ」を紹介します。千昌夫の名曲、星影のワルツのカバーですね。昭和歌謡の雰囲気を残しつつ、浅草ジンタらしいサウンドになっています。

 

浅草ジンタについて

星影のワルツを聴いて頂けたら分かる通り、どこか懐かしい雰囲気が浅草ジンタの特徴ですね。そんな彼らについて書いて移行と思います。

メンバー

via: 浅草ジンタOfficial site

NIP POP発売時は、左からミーカチントさん(Sax)、B-kenさん(Tuba)、オショウさん(Vo,Ba)、シーサーさん(Tr)、Yottsuさん(Dr)、Shinyaさん(Gt)の6人構成。2017年現在はミーカチントさんが脱退し、5人構成となっています。

 

ミカチントさんの現在

ミーカチントさんは脱退後、絵画喫茶てんてんこをオープンしたり不良メルヘンというバンドで活躍したりしています。

 

オショウさんとShinyaさんの過去のバンド

オショウさん(Vo,Ba)とShinyaさん(Gt)は高速ハードマーチ(デスマーチ)というジャンルを創った伝説のバンド「デスマーチ艦隊」のメンバーです。近いうちに紹介しようと思っていますが、デスマーチ艦隊はマーチをPUNK化したとんでもないバンドです。

マーチング曲をアレンジし、独自の歌詞をつけて高速で演奏。これがデスマーチです。和風テイストを大事にし、「日本の曲である」ということを貫いています。日本の曲でマーチとなると軍歌ばかりなので苦手な人は苦手かもしれないですが、かっこいいので偏見なく聴いてほしいバンドです

 

浅草ジンタ概要

2004年に結成。オショウさん(Vo Ba)の世界最速スラップベースに突き抜けるホーン隊。ロックに日本の土着的なリズムを取り入た、祭りを感じる熱狂的なグルーブ。そんな自らの音楽を「エジャニカ(ハードマーチ)」と称し、浅草を拠点にUK、アメリカ、フィンラドなど世界各国でツアーを行っています。

オショウさんのスラップベースは手どうなってるんですか!?ってくらい凄すぎてもはや笑うしかありません(笑)ほんとちょっ早でかっこいい。

デスマーチ艦隊とテンタクルーズ交競楽団のメンバーが合体し誕生した「百怪ノ行列」が浅草ジンタの前身となります。

2001年発売の1stアルバム「今日は凶です。恐怖です!」は跳ねるホーンとノリノリのロックで祭りの雰囲気を感じるハードマーチの名盤です。ジャケットはなんか怖いですけど(笑)

その後、笑点の青い着物担当 三遊亭小遊三師匠に浅草ジンタと名付けられ2004年に改名。今に至ります。

百怪ノ行列「バカラック」を貼っておきます。是非聴いてみてください!

 

NIP POP について

昭和歌謡曲の流行歌を浅草ジンタがカバーした珠玉の1枚です。これこそ浅草ジンタの真骨頂!懐かしい名曲達がロックにジャズにスウィングに昇華されています。曲のチョイスもまた絶妙です。個人的には「男はつらいよ」がもう・・・たまらない。
エジャニカを初めて聴く方にはおススメです。

  • 収録曲一覧
1曲目 宮さん宮さん
2曲目 星影のワルツ
3曲目 蒲田行進曲
4曲目 リンゴ追分
5曲目 見上げてごらん夜の星を
6曲目 東京行進曲
7曲目 蘇州夜曲
8曲目 上を向いて歩こう
9曲目 男はつらいよ

 

3曲目「蒲田行進曲」

 

物販情報(バンドTシャツ)

浅草ジンタ OFFICIAL STOREにて販売されています。あのROLLING CRADLEとコラボしていたりと和テイストでかっこいいTシャツですね。ぼくも何枚か持っています(笑)
※2017年2月に販売されているものを紹介しています

 

ライブ情報

浅草ジンタは、アイルランドをテーマに掲げる、the WILD ROVER 2017に参加予定です。the WILD ROVERは2005年から毎年開催されているIRISH、RUSTICなどのジャンルのバンドが参加するフェスですね。自分も6回程参加していますが、PUBで音楽を楽しんでる感じでとても楽しいイベントです。アイルランド大使館も協賛しています。

最近はアイルランドを根底には置きつつも多方面で活躍しているバンドも参加するようになり、ますます盛り上がるイベンドになっています。

この the WILD ROVER 2017の参加者がやばい。浅草ジンタの他に、JUNIOR、T字路s、RUDE BONES、ONE TRACK MIND、THE RODEOS、エスキモーズ、そして最近CDをリリースしたばかりのYellow Studs Acoustic BANDも参加します。超行きたい・・・!

でも、PUNKSPRING2017と日程が被ってしまいました。PUNKSPRING ファイナルだし?今回のメンツやばいし・・・と自分に言い聞かせPUNKSPRINGに参加してきます(笑)

 

Offiial Page

まとめ

今回は浅草ジンタとエジャニカ、ハードマーチという独特なジャンルの音楽を紹介していきました。古き良き日本を感じることのできる彼らの音を是非聴いてみてください。そして浅草で酔いつぶれてみてはどうでしょう。

 

おまけ。

やっぱりどうしても。オショウさんの超高速スラップベースを見てほしい!という気持ちからライブ動画をのせておきます。

 

記事一覧のリンク

あわせて読みたい関連記事

Be the first to comment

コメントやおススメの音楽を書いてくれたら嬉しいです。