Tags:

風邪を引いたまま無理をしていたら肺炎で入院してしまいました・・・。皆さん無理せずに体調不良の時は病院に行ってください。いや、これは本当に・・・。

全然ブログを更新出来ていませんでしたが体調が回復してきたので再開していこうと思います。

今回はアイリッシュパンクの雄「FLATFOOT 56」を紹介します。

パンクは好きなんだけどアイリッシュパンクは民族音楽の色が強くてちょっと苦手という人にも是非聴いてもらいたい。彼らの音はストリートパンク色がとても強いのが特徴だから。

そして、アイリッシュパンクを好きになってもらえたら嬉しいです。

 

「KNUCKLES UP」導入動画

KNUCKLES UPから「Brotherhood」を紹介。うねるように暴れるバグパイプとストリートパンク(Oiパンク) をバックボーンに感じる男臭いサウンドが混じりあい、ライブで大合唱間違いなしの1曲です。

 

FLATFOOT 56について

メンバー

FLATFOOT 56はメンバーチェンジを経て5人で活動しています。Vo. Ba. Dr.の3人は兄弟であり、3人全員が身長2mオーバーという巨漢。この3人をライブ会場で見た時の威圧感たるや・・・まさに壁です(笑)

KNUCKLES UPリリース時はBawinkel3兄弟と、バグパイプ、マンドリン、ギターをこなすスーパーマン的なJosh Robiesonの4人で活動していました。

  • Tobin Bawinkel (Vo. Gt.)
  • Kyle Bawinkel (Ba. Vo.)
  • Justin Bawinkel (Dr. Vo.)
  • Eric McMahon (バグパイプ、 Gt.)
  • Brandon Good (マンドリン、Gt.)

 

FLATFOOT 56概要

FLATFOOT 56は2000年に結成された、シカゴ出身のアイリッシュ/スコティッシュ系パンクバンドです。ライブではセットリストを作らず、会場の雰囲気で演奏曲を決めるという生粋のライブバンドだ。

伝説的ストリートパンク(Oi パンク)バンドCOCK SPARRERやCOCKNEY REJECTSなどから影響と受けているであろう彼らのサウンドは、アイリッシュパンクと言いながらも、男臭く力強いボーカルが特徴のストリートパンクに近い。バンド結成時からアイリッシュテイストを全面に出して勝負していた訳ではなく、あくまで根底はパンクバンドというスタンスであったことが他のアイリッシュバンドとの違いだったりします。

彼らのストリートパンクへの愛はMV映像のところどころにも表れているので気になる方はチェックしてみてください。

そんなこんなでFLATFOOT56はパンクは好きなんだけどトラッド(民族)色が強い音楽はちょっとなー・・・。って人にも胸を張っておススメできるバンドになっています。

The Poguesが火をつけ、Dropkick Murphy`sやFlogging Mollyが世界中に広めたアイリッシュパンク(ケルティクパンク)という音楽。その次世代バンドとして登場した彼らも気がつけばキャリア17年目に突中しちゃいました。そりゃ追いかけてる側も歳とりますよね・・・。

 

KNUCKLES UPを紹介

KNUCKLES UPは2004年にリリースされた3rdアルバムです。日本で正式リリースされたのはKNUCKLES UPが1枚目なので1stと言われることも多いが、本作の前に、「Rumble Of 56」、「Waves Of War」という2枚のアルバムをリリースしています。

1st、2ndでもバグパイプは使用されていたがKNUCKLES UPのように全面に押し出される事は無く、あくまでストリートパンクの延長としてアイリッシュテイストが入っている程度でした。その為、アイリッシュ色を強く押し出したKNUCKLES UPは彼らの挑戦的アルバムとなっています。

そんなKNUCKLES UPの中から何曲か紹介していこうと思う。

1曲目「This Town」

アルバムのオープニングナンバーである本曲。ゆっくりとしたアイリッシュ感あふれるイントロを超えると一気にストリートパンク色が強くなりテンションを上げてくる。

 

3曲目 「Knuckles Up」

アルバムのタイトル曲にもなっている3曲目のKNUCKLES UP。テンションで押し切るような、粗削感がストリートパンク好きにはたまらない1曲です。

 

12曲目「amazing Grace」

アメリカで愛される讃美歌であるAmazing Graceのカバー曲です。もともとバグパイプで演奏されることもある本曲はDropkick Murphy`sにもカバーされています。綺麗なメロディーとスピード感あふれるパンクサウンドは必聴です。

 

▼収録曲一覧を書いておきます

1. This Town
2. Brotherhood
3. Knuckles Up
4. Hold Fast
5. Breakin’ The Law
6. Blood and Sweat
7. The Rotten Hand
8. Battle of the Bones
9. Chi-town Beat Down
10. Fight To Live
11. The Long Road
12. Amazing Grace
13. Arran Boat

 

物販(バンドTシャツ)について

海外のサイトになりますが、公式通販サイトで販売されています。個人的にデザインが結構ツボだったりします。

 

FLATFOOT 56 オフィシャルサイト

公式サイトはこちら。

公式Twitterはこちら。

 

リリース情報

2012年以来となる新作アルバムを2017年4月14日にリリースしたばかりです。

シンガロング必至なメロディーはそのままに、前作より取り入れたバンジョーがいい味を出している。新作を出すたびに少しずつトラッド色が強くなっているのはシーンを担うベテランとなった彼らなりの答えなのかもしれない。

しかし、トラッド色が強くなっていっても、あくまで基盤はストリートパンクという姿勢が変わらないところがカッコイイなー。

4月14日にリリースされた「ODD BOAT」

 

まとめ

今回はストリートパンク魂があふれるアイリッシュパンクバンド FLATFOOT56を紹介してきました。パンク好きな方には是非聴いてみて頂きたいバンドでした。新譜もリリースされたので来日があるかなとドキドキしています。もし来日した際は、ライブ会場で壁のような大きさの彼らをその目で見てみてください。

 

おまけ。

新しいアルバム「ODD BOAT」からMVを2つ紹介します。カッコイイヨー。

▼ FLATFOOT56 – Stutter

 

▼FLATFOOT56 – Forward

 

記事一覧のリンク

\ FOLLOW ME?? /

Be the first to comment

コメントやおススメの音楽を書いてくれたら嬉しいです。