Tags:

落ち込んだり元気が出ない時、皆さんは何をしますか?

人それぞれに、ぱーっと遊んで忘れてしまうという人もいれば、うるさい音楽を聴いて発散してしまうという人もいるかもしれません。

ぼくの場合。とことん落ちるとこまで落ちてしまうか、一人静かに何も考えない時間を持ちたくなったりします。その状態から抜け出すことで前に進む気持ちを持てるような気がするからかもしれません。

そして、そんな時に力をかしてくれたのが「wyolica」の音楽でした。

落ち込んだ心に入り込みすぎるのではなく、そっとすくい上げてくれるようなメロディーと歌声に何度も助けられました。

今回はそんなwyolicaの1stアルバム「who said “La La…”?」を紹介していきたいと思います。

 

「who said “La La…”?」導入動画

who said “La La…”? から「さあいこう」を紹介。美しいメロディとAZUMIさんの柔らかい歌声が気持ちを落ち着かせてくれます。

さあいこうという言葉に込められた強さを歌詞から感じとって貰えたら嬉しいです。

本曲は大沢たかおさんが主演を務めたテレビドラマ「アナザヘブン」の挿入歌としても使用されていました。

▼wyolica – さあいこう

 

wyolicaについて

メンバー

wyolicaは二人組のユニットで活動していました。(L→R)

  • so-toさん(Gt. / プログラミング)
  • AZUMIさん(Vo.)

wyolica解散後も、AZUMIさんはソロで歌手活動を続けています。相変わらずの綺麗な歌声で歌われています。

AZUMIさん公式Twitterはこちら。

▼Azumi – Carnival

 

wyolica概要

同時期に活動していたso-toさんとAZUMIさんがオーディションをきっかけに知り合い、1997年にユニットを結成。ユニット名の由来はwyolica(「草原の民」という意味の造語)からきている。

1999年にデビューシングル「悲しいわがまま」でデビューを果たすと、2ndシングルではDragon Ashの降谷建志さんとBotsさんとタッグを組み「風をあつめて」を発表したことで注目を集めました。リスナーだけでなく、多くのアーティストにも愛された彼らは、Dragon Ashの他にもスネオヘアー、MOOMIN、SOFFet、FLOW、Steady & Coなどとコラボレーションもしています。

Steady & Coとのコラボ曲「only holy story」を紹介。Steady & CoメンバーのラップにゆったりとしたAZUMIさんの歌声が混ざることで、心を揺さぶる名曲になっています。

▼steady &co. – only holy story

その後も、優しく透明感のあるAZUMIさんのヴォーカルと、穏やかで切ない歌詞・メロディーを核にオリジナリティー溢れる楽曲をリリースし続けましたが、2013年に解散を発表。インディーズに移りリリースされた「キャッスルオブウィンド」が最後のアルバムとなりました。このアルバムがwyolicaの最高傑作なんじゃないかと思う程の名盤だったので解散を知った時はなんとも言えぬモヤモヤした気持ちが消えませんでした・・・。

まだ色々なジャンルの音楽を聴くこともなく、パンク・ハードコアに心酔していた中学生の頃。保守的に凝り固まった頭で、パンク・ハードコア以外の音楽は糞くらえと言っていたにも関わらず、wyolicaだけはなぜか大好きな存在でした。

うまくいかなかったり、漠然とした不安だったりを抱えていた多感な時期。wyolicaの優しくて強い意志のある音楽は、癒しと前に進むきかっけをくれました。大人に響くのはもちろんですが、中学生や高校生にこそ聴いてほしいアーティストだなと思います。

 

who said “La La…”? について

who said “La La…”?  は2000年にリリースされたwyolicaの1stアルバムです。10曲入りとアルバムをしては少なめの曲数ですが、完成度が高く全体的にしっとりとした雰囲気でまとめられています。このアルバムを今まで何回聴いたことか・・・。

何曲か紹介していきます。

3曲目 「冷たい雨」

AZUMIさんの伸びのある柔らかなボーカルをブラックミュージックを感じる曲調が包みます。

▼wyolica – 冷たい雨

 

4曲目「悲しいわがまま」

wyolicaのデビュー曲となる「悲しいわがまま」は、AZUMIさんの豊かな表現力が爆発しているとても味のある曲となっています。

▼wyolica – 悲しいわがまま

 

7曲目「キスの温度」

このアルバムの中で一番柔らかい雰囲気を持つ「キスの温度」。AUZUMIさんのブレスさえも芸術的に聴こえ、真っ暗な部屋でずっと聴いていたくなる程に心が落ち着きます。

▼wyolica – キスの温度

▼収録曲一覧

1. 風をあつめて
2. さあいこう
3. 冷たい雨
4. 悲しいわがまま
5. こたえて
6. 愛をうたえ
7. キスの温度
8. when I’m with You
9. are you missin’ me?
10.

 

まとめ

wyolicaの音楽はどうでしたでしょうか。柔らかい歌声とメロディーと歌詞の節々に込められた強い気持ち。

きつくなった時。折れそうになった時。部屋を暗くしてじっくりとwyolicaの優しくて強い意志を持つ世界にひたってみてください。きっと力になってくれると思います。

あわせて読みたい関連記事

Be the first to comment

コメントやおススメの音楽を書いてくれたら嬉しいです。