Tags:

 

こんにちわ。まだまだ寒い日が続きますね。そんな寒い日に聴いて心暖かくして欲しい一枚。個人的な思い入れがが強く、このサイトを立ち上げる時に必ず1番最初に紹介すると決めていたCDとなります。

MY CD DATABASE 記念すべき1発目!

Yellow Studs(イエロースタッズ) の3rdアルバム「伝言」を紹介していきたいと思います。Vo.野村太一さんの魂に響く独特の歌声とYellow Studsが奏でる唯一無二の世界観を体験してください。

 

「伝言」導入動画

3rdアルバム「伝言」に収録されている「真夜中のモンスター」という曲を紹介します。ぼくはCDショップの視聴コーナーでこの曲を聴いた時の衝撃がずっと忘れられません。出会って11年間。Yellow Studsに心を奪われ続けています。

まずは聴いてみてください。そして気に入ってもらえたら是非このまま読み進めてくれると嬉しいです。そして一緒にYellow Studsについて話をしましょう。

 

Yellow Studs について

「真夜中のモンスター」どうでしたでしょうか?
ここから先では、Yellow Studs (通称:イエスタ)というバンドについて書いていきたいと思います。

メンバー

via: Yellow Studs Official Web site

まずはメンバーの方を紹介します。
Yellow Studsは、左から奥平隆之さん(Gt)、野村良平さん(Gt.Cho)、野村太一さん(Key.Vo.)、植田大輔さん(Ba.Cho)、田中宏樹さん(Dr.Cho)の5名で構成されています。今回紹介する「伝言」発売時期はDrとして木村 耕平さんが参加されていました。Key.Voの野村太一さんと、Gt.Choの野村良平さんは実の兄弟です。こんなかっちょいい兄弟ずるいですよね。

アートワーク

メンバーの方の写真を見て頂いて分かるように、Yellow Studsは音楽だけじゃなくCDジャケットにしても写真1つ1つにしても、それこそ物販にしてもアートワークがかっこいいバンドです。メンバーの方のこだわりがひしひしと伝わってきます。

握りインコ iPhone6/6s ツヤ有り(コート)via: Yellow Studs Onlineshop
Tシャツ 【三日月インコ ブラック】via: Yellow Studs Onlineshop

かっこよくないですか?凄くないですか?
こちらのYellow Studs Online shop にて販売しています。もし良かったら見てみてください。※2017年2月現在発売されていたものですので既に販売停止となっておりましたら申し訳ありません。

 

Yellow Studsの音楽について

まず、何よりもVo.野村太一さんの心地よくしゃがれた歌声が特徴です。しゃがれた歌声とロックと言えば、元ミッシェルガンエレファントのチバユウスケさんも有名ですがまた方向性の違う声質だと思います。個人的にシェルガンエレファントも大好きなのでどちらが良いとは言えませんが、野村太一さんの声には哀愁やリアリティを強く感じます。

そんな野村太一さんの歌声が、ジャズ、ガレージ、トラッドミュージック(伝統音楽)など様々な要素が混ざったロックに乗って響きます。これは他のバンドにはないYellow Studsだけのサウンドです。

 

Yellow Studsの歴史について

2003年結成のキャリア14年目 (2017年時点)。
14年の間でアルバムを8枚(アコースティック版を入れたら9枚)もリリースしています。しかも1枚1枚のクオリティが物凄く高い。2014年には松田翔太さんが出演するキリン 氷結 ストロングのCMにも楽曲を提供するなど多方面に渡り活躍されています。本CMで使用されている「トビラ」は7thアルバム「Alarm」に収録されています。
※何も知らずこのCMがTVで流れた時はびっくりしてお茶をこぼしました(笑)

 

そして、ここまで思い入れがある理由の一つが「無所属のインディーズバンド」であることなんです。こんなにカッコいいCDを沢山リリースし、様々なタイアップをしているのに無所属。全てメンバーの方が自分達で行っているという凄さ。きっと裏には物凄い苦労があるのではないでしょうか。尊敬です。

そんなYellow Studs。最近は新しいアルバムがリリースされるとTSUTAYAに特設コーナが出来たりするようになりました。嬉しくて。嬉しくて。写真を撮りまくってしまいます。CDを手に取る人をみてニヤニヤしてしまいます。

メンバーでもなんでもないのにね(笑)

Biography を抜粋して記載しておきます
※公式サイトを参考にさせて頂きました

2003年 結成
2004年 •1stミニアルバム『震度7』リリース。
2006年 •2ndアルバム『離陸』リリース。
2007年 •3rdアルバム『伝言』リリース。
2008年 •4thアルバム『三年経過』リリース。
2010年 •カバーアルバム『ジブリロック』に参加。
2012年

•5thアルバム『shower』をリリース。

•6thアルバム『curtain』リリース。

2013年

•各CDが全国TSUTAYAにてレンタル開始。

2014年

•キリンビール 氷結ストロングのTVCMに「トビラ」を提供。

•7thアルバム 『Alarm』発売。

2016年 •8thアルバム『Door』発売。

 

「伝言」について

・収録曲一覧

1. 真夜中のモンスター
2. 阿佐ヶ谷の高架下
3. 懺悔
4. 雨の日ブギ
5. ブラックリバー
6. ゆっくりの唄
7. バード
8. 少年時代
9. バイバイ


2007年発売の3rdアルバム「伝言」。前作「離陸」から約1年半ぶりにリリースされたこのアルバムは「離陸」の時から既に放っていたオリジナリティがさらに強くなり、Yellow Studsってバンドはこれからどうなってしまうのだろうと胸が躍った1枚でした。

1st~4th(4thはベストアルバムの位置づけですが)までの初期作品の中でも癖になる曲が多いのが特徴です。
そんな収録曲のうち、何曲か紹介していこうと思います。

3曲目 懺悔

きれいなキーボードのメロディから始まるこの曲。そんなメロディにのって歌われるのは人と人の永遠の別れのお話。そして大切な人が灰になる時の後悔のお話。
ぼく自身、おじいちゃんを交通事故で亡くしました。急な事だったので「もっとああしていれば」「もっと顔を見せに行けば」と後悔がとても大きかったです。きっと形は違えど、人は色々な後悔を抱えて生きているんじゃないかなと思います。

そんな気持ちを思い出させてくれる曲。

5曲目 ブラックリバー

特定の誰かに歌われた曲なのではないでしょうか。6thアルバム 「curtain」にも再録バージョンが収録されていることから大切な曲なのかなと感じます。

 

7曲目 バード

 現状に対する憤りと、「まだまだいけるぜ」というフレーズにこめられた前に進むという意思。こちらもブラックリバーと同様に、6thアルバム 「curtain」に再録バージョンが収録されていますが、若干アレンジが違います。是非聴き比べてみてくさい。

 

「伝言」。少しだけの紹介でしたが、どうでしたでしょうか?もしこの記事でわくわくや新しい発見があれば嬉しいです。

リリース情報

Yellow Studsのオフィシャルホームページを見ていたらリリース情報が出ていてびっくりしました。
5月24日(予定)に9thアルバム 「TRIANGLE」が発売決定だそうです!! むちゃくちゃ楽しみです!!

via: Yellow Studs Official Blog

 

Yellow Studs Live Info

Yellow Studsのライブ情報を掲載します。CDや動画で予習をしたら是非ライブへ遊びに行ってみてください

2017年 ツアー 「ごくつぶしが鳴く夜」

via: Yellow Studs Official Blog

Yellow Studs Official Page

Yellow Studs Official Pageを紹介します。自分の為のメモでもあります。

おまけ。

「伝言」以外のアルバムに収録されている曲を2つ紹介します。

「秋晴れの空」7thアルバム「Alarm」収録

 

 
「汚い虹」8thアルバム 「door」収録

 

まとめ

MY CD DATABASE1発目。どうだったでしょうか。まだまだ不慣れなところもありますが、末永く遊びに来ていただけるようなサイトを目指していこうと思います。Yellow Studs 「伝言」でした。またね。

\FOLLOW ME??/

1 Trackback / Pingback

  1. Yellow Studs 9thアルバム「TRIANGLE」収録曲のMVが公開!! | MY CD DATABASE

コメントやおススメの音楽を書いてくれたら嬉しいです。